最先端のがん治療【免疫細胞治療について学ぼう】
ロゴ

副作用が心配な人にも安心!~免疫細胞治療は副作用を軽減できる~

最先端のがん治療【免疫細胞治療について学ぼう】

女医

免疫細胞治療とは

自分の持っている免疫細胞を体外で培養し、活性化させたのちに再び体内に入れる治療法です。この治療法を行うことで、体内の免疫力を上げることができるため、癌の進行を妨げられるのです。

他の療法と併用できる

がん治療で行われる手術、放射線治療、抗がん剤治療と併用して治療を行うことができます。併用すると、相乗効果が期待できるだけでなく、副作用などのデメリットをカバーすることができると言われています。

副作用の心配が少ない

免疫細胞治療は自分の体内にあった細胞を使用するため、副作用の心配は少ないと言えます。一過性の発熱を発症することはありますが、稀に起こる程度なので不安に思う必要はないでしょう。

免疫細胞治療の種類を比較してみよう

樹状細胞療法

がんを認識させた樹状細胞を体内に戻し、がんの目印をT細胞に教えることで攻撃してもらう方法です。樹状細胞には増殖力が期待できず、採血にも1~2時間かかってしまいます。

高活性化NK細胞療法

増殖させたNK細胞を体内に戻す方法で、がんを殺傷する力を持ちます。T細胞に比べると増殖させるのが難しいのですが、どのがん細胞でも殺傷でき、NK活性が強力な場合は短い時間で殺傷が可能です。

広告募集中