ロゴ

下肢静脈瘤の手術をしないと合併症の危険がある

発症しやすい人がいる

足の静脈に発生する血管疾患ですが、この疾患は発症しやすい人がいることが分かっています。それに当てはまっている場合は、下肢静脈瘤になる可能性が高いので、注意しましょう。発症しやすい人はどんな人なのかご紹介します。

手術の種類を知って下肢静脈瘤を改善しよう

ハート

下肢静脈瘤を発症しやすい人

下肢静脈瘤は、女性の方が発症しやすいと言われ、女性ホルモンの低下や妊娠・出産などもリスクになります。また、肥満の人や立ち仕事・座り仕事で同じ姿勢で働くような人も発症しやすいでしょう。更年期の症状が出ている人も気を付けたほうがいいですね。

血管外科で治療を受けよう

尿結石や尿漏れなどで悩んでいる人が泌尿器科に行くように、病気にはそれぞれ適した科があります。下肢静脈瘤の場合は、血管外科で治療を行いましょう。血管が浮き出ていたリ、こぶのように膨らんでいるなどの症状が見られたら、病院でみてもらうべきです。

手術で治そう

命に関わる病気ではないので、治療しないままにする人もいますが、合併症を引き起こす可能性があるため手術を行った方がいいでしょう。糖尿病の食事療法やがんの免疫細胞治療のような方法で治るものではありません。

下肢静脈瘤で行われる治療法TOP3

no.1

ストリッピング手術

伏在静脈瘤の治療では最もポピュラーな方法で、再発率が低いためよく行われています。静脈内にワイヤーを通し、血管を引き抜きます。埼玉の病院では1~1時間半程度で手術は終わり、日帰りで行うこともできます。

no.2

血管内焼灼術

新しい治療法で身体への負担が少ないのが特徴です。ストリッピング手術で得られる効果と同じ効果があり、出血のリスクも低く、メリットが多いと言えます。

no.3

高位結紮

部分的に静脈を切除し、血管を縛ります。端を縛ることで血が逆流するのを防ぐ、下肢静脈瘤の代表的な治療法です。この治療だけを行うことは少なく、他の治療法と組み合わせられることがほとんどです。

病院で適切な治療法を提案してもらおう

さまざまな治療法があるものの、手術によっては受けられない人もいます。まずは病院に行って自分の状態を知り、医師からどの治療法がいいか提案してもらいましょう。

下肢静脈瘤についてのみんなの疑問

どんな合併症の危険があるの?

下肢静脈瘤の治療を行わずにいると、「うっ滞性皮膚炎」「皮膚潰瘍」「深部静脈血栓症」などの病気を引き起こす可能性があります。

手術費用はいくらくらいですか?

手術の方法によって異なりますが、ストリッピングの場合は4万円、血管内焼灼術の場合は4.8万円くらいが相場でしょう。病院のホームページに記載されていることもあるので、確認するといいですね。

保険適用されますか?

現在、下肢静脈瘤の治療は保険適用となるものがほとんどです。費用面で心配する必要がないので、症状が悪化する前に治療を受けましょう。

[PR]リウマチの原因を伝授☆
名医にかかれば治せる病!

[PR]更年期の症状セルフチェック
身体の不調の原因を知ろう

[PR]下肢静脈瘤の日帰り手術が受けられる!
優良医院を大公開♪

広告募集中